• HOME
  • ブログ
  • 管理職育成
  • 上意下達のマネジメントを劇的に変えた管理職向け研修とは?/人材育成施策ファイル:日本郵便(株)-後編

上意下達のマネジメントを劇的に変えた管理職向け研修とは?/人材育成施策ファイル:日本郵便(株)-後編

日本郵便株式会社
2007年の民営化にて、日本郵政グループ(日本郵政株式会社、郵便事業株式会社、郵便局株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険)が発足した後、2012年の郵便事業株式会社と郵便局株式会社の合併を経て、日本郵便株式会社が誕生。主に、国内・国外郵便サービスを提供する郵便事業、ゆうパック・ゆうメールなどの荷物運送サービスを行う物流事業、アジアを中心とした国際物流事業、銀行や保険をはじめとする金融窓口事業などを展開している。現在、社員は約40万人(期間雇用社員含む)、管理職層は約3万人にのぼる(2019年1月現在)。

「やらされ感」では、人は動かない。部下のモチベーションを上げるために、まずは「話を聞ききる」ことからはじめた

実際に研修へ参加した局長は、「一人ひとりを大切にするマネジメント」というメッセージをどのように受け止めたのか。

「正直、当初は研修参加に対して後ろ向きでした」。柿生郵便局局長の濵田英明氏は、当時の偽らざる心境をそう振り返る。しかし、そんな濵田氏も、今ではこの研修の価値を強く実感しているという。

「研修参加前は、ちょうど部下指導に悩んでいた時期だったんです。営業成績が振るわない部下たちに改善策を指示すると、一定期間は実践してくれるもののどこか『やらされ感』があり、なかなかその行動が持続しない。そして、そんな部下たちを強く指導すればするほど、彼らのモチベーションを低下させてしまう……。ですので、そのタイミングで現場を離れるのはかなり不安でしたし、抵抗感がありました」

しかし、研修にて「自分に指を向けてみなさい」という趣旨の講義を聞き、濵田氏は自身のマネジメントにおける大切な気付きを得たという。

「私はずっと『なぜ部下は成績を上げられないのか?』『なぜやると決めた行動を続けられないのか?』とばかり考えていました。部下の営業成績が上がらないのは、すべて『部下のせい』だと思い込んでいたんです。でも、講義を聞いて、『部下ができない』のではなく、『私が、部下ができるように支援していない』のだと、捉え方が変わったんです」

そう考えた濵田氏が現場に戻ってまず実践したのは、「部下の考えをしっかり聞ききる」こと。これまで部下の考えを聞くより先に、自分の意見を押し付けていたという反省があったからだ。

「そこで、部下が課題に直面したときには、私から『こうしろ』と指示するのではなく、まず部下に『どうしたい?』『どうしたら良いと思う?』と意見を求めるようにしたんです。最初は自分の意見を抑えることに、もどかしさや戸惑いを感じました。でも、続けていくうちに、部下たちが自ら決めた方向性に向かって、主体的に考え動いてくれるようになり、徐々に『やらされ感』が払拭されていくのを感じたんです」

しかし、単発のアプローチでは、部下のやる気は継続しない。濵田氏はこれからも部下と話す時間を意識的に設け、長期的な働きかけを続けたいと意気込んでいる。

「せっかく向上した部下のモチベーションも、1カ月もすればまた低下してしまう。できる限り期間を空けずに、長い目で支援をすることが、部下の長期的なモチベーション維持につながると思っています。今回の研修を通して、相手にばかり原因を求めていた自分に気付けました。これだけでも、参加した意義があったと思います。今後もこの気付きを忘れずに、相手の意見や考えを尊重したマネジメントを心掛けたいと思います」

部下を褒めるのが苦手だった自分が、部下にポジティブな声掛けができるように

同じく研修の受講者である小原郵便局局長の福島好子氏も、部下とのコミュニケーションにおける自身の課題に気が付いたという。

「私は『相手を褒める』ことが大の苦手。部下とのコミュニケーションといえば、小言や叱責などネガティブな会話のほうが多かったかもしれません。でも、それでは、部下は常に私の目を気にして委縮し、自信も持てないんですよね」

研修を通じてそう思い至った福島氏は、部下のお客さま対応の中で、良い動きや応対があれば、即座に「今の対応は良かったね」とポジティブなフィードバックをするように心掛けているという。すると、部下にも徐々に変化が表れてきた。

「部下の一人が『最近、局長に褒められることが増えて、少し仕事ができるようになってきたように感じるんです』と言ってくれました。少しずつですが、自分の仕事に自信を持てているのではないかと思います。このように、部下たちが自分の仕事を好きになり、自信や誇りを持って業務に取り組めるようになってほしい。そして、部下一人ひとりが、お客さまから『あなたがいるからこの郵便局に来るのよ』と言われるような、『選ばれる郵便局』にしていくのが私の目標です」

研修を通じて、意識変革を点から線へ、線から面へと拡大していく

人材研修育成室が魂を込めて開発した長期マネジメント研修。濵田氏や福島氏のように「一人ひとりを大切にするマネジメント」のメッセージに共感した管理職たちを通じて、着実に現場に変化が表れている。しかし、現状維持で満足してはいられない。人材研修育成室課長の松本祐美子氏は、これからの日本郵便全体の人材育成を見据えている。

「長期マネジメント研修は、すでに20回以上にわたって開催しています。受講者数も500名を超え、『一人ひとりを大切にするマネジメント』という志を『共通言語』で語り合える同志のグループができてきました。同様に、他の研修においても、このようなグループを多く作っていきたいと考えているんです。研修を通じて、一人また一人と、点から線へ、線から面へ、意識変革を伝播させていきたいと思っています」

研修の内製化は、社内講師の育成やプログラム開発など、時間的にかなり負荷がかかるのが現実である。しかし、現場の実情に即したメッセージの発信は、受講者への影響力を倍増させ、現場へ大きな効果をもたらす。日本郵便が挑んできた管理職層への研修内製化は、ぜひとも多くの企業に参考にしてもらいたい、好事例の一つと言えるだろう。

 

前編に戻る

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。